パークの産業
[常州の紹介] 常州は、中国長江デルタ地域の中...
常州は、中国長江デルタ地域の中央に位置し上海と南京とも同距離を保ち、現在では金壇市、溧陽市及び武進、新北, 、天寧、鐘楼、戚墅堰の五つの行政区となり...
[パークの概要] 常州市は、経済構造の調整や都市のコア競争力の向上に加速化するため、アイデア産業を活用し新規柱産業を育ち、積極的に「南北への拓き、中央の向上」という都市空間発展戦略を実施し、2008年12月では、市閣僚会、市政府が常州における国家アニメーション産業パーク、国デジタル娯楽産業モデルパーク、「国トーチ計画」(先端技術を活用するための国計画を指す)ソフトウェアパーク、…
発展 計画
パークは2015年:
ハイテック区の柱となる産業となるため、アイデア産業区の総生産値が300億元とすることネットゲーム、ソフトウェア、アニメーション、デザイン、e-ビジネスと...
常州の特徴を持ち、且つ国内外に影響力のあるアイデアなブランドをインキューベットさせ、そのうち、10%の商品が業界内で全国一のものと図り、5~10社の企業がその業界においても全国一のこととすること毎年ごと15~20人のリーダーシップ型海外人材、育成用ソフトウェ...
中国(常州)国際アニメーション芸術週間を国内外の有名な「常州貿易展示会」に作り上げること全面的に8平方キロメートルのアイデア産業クラスター地域の主体形態を作り上げること...
2007年 国の文化部より指定された「国家デジタル娯楽産業モデルパーク」
2008中国産業クラスターのブランド トップ50
2009中国最優秀アイデア産業パーク
2010年 国家5A級観光地として受賞した中華恐竜パークを中心とするグローバル恐竜パーク